CoreBluetoothサンプルアプリ作成

|
今回,iOS6用としてCoreBluetooth(BLE)用のサンプルアプリを作成してみました.
今までExternalAccessoryを使用したアプリは作成した事があったので同様のAPI構成に
なっているため簡単に実装できました.
GAPとGATTはSDKで定義されているのでそのまま使えます.それ以外のベンダー独自のものは
UUIDで検索すれば問題なく使えます.
サンプルをダウンロードページに登録しておきます.
以下の動画は横がはみ出しているので右クリックでファイル保存して下さい.


最近若干業務が忙しい事もあり,すっかりご無沙汰してしまいました.

Mac用PNG変換ツールをダウンロードページにて本日公開を開始致しました.

iOSデバイス向けのPNGファイルはそのままではMacで表示できません.
そのPNGファイルをMacでも読み込める様に変換するものがこのツールです.
すでにこの手のツールは存在しますが,有料だったりするので
簡単に作成できることもあり,作成してみました.
(実際は依頼があったものを若干体裁を変えてリリースしました.)

ConvertiPhonePNG_image.png










メインウインドウです.Convert FileボタンをクリックしてPNGまたは
ipaファイルを選択します.
ipaファイルの場合には一括変換します.


ConvertiPhonePNG_output.png



















弊社iPhoneアプリケーションparM@ilerをipaから変換してみました.
問題無く表示できました.


*一部正常に変換できないファイルがあります.

*出力された著作物に関して弊社は一切関知致しません.取扱いにはご注意下さい.

[Break!] b-mobile VS SBM

| | Comments (0) | TrackBacks (0)
 SBMはiPhone 3Gを購入したときに契約しましたが,速度があまりにも遅いため現在使用していません.
そろそろ月月割も終了するので解約する予定です.まあSBMが地方を軽視しているのは周知の事実ですが...
そこで先日,お客さんが地方でのSBMの速度を知りたいとの事でiPhone 3GSを借りてきてSpeed Testして
みました.計測は平日20:30頃です.
併せて比較のため現在使用している,b-mobile SIM U300(iPhone 4)でもテストしてみました.

 SpeedTest_BM.PNGSpeedTest_Hage.PNG


































































結果の感想の前に,月々の料金を押さえておきましょう.
SBM 5,985 円 (初期購入のため,SBMの割引プラン無し)
b-mobile SIM U300 2,234 円 (amazon価格で契約は6ヶ月)


半額以下のb-mobileの方が速いのには正直ビックリしました(下り).
こちらでもたまにiPhoneを使っている人を見かけるのですが,よくもまあ我慢して使っているなと思いますね.
SBMのSIMであれば通話もできますが,その分通話料も別途かかるわけで
結局SBMが酷いのには変わりないですね.

ちなみに私の環境です(b-mobileの回し者ではございません)
通話 iPhone + DoCoMo SIM  --> 最近 NOKIAのX3-02に変更
ネット WiFiルータ(PWR-100F) + b-mobile SIM U300


[break!] iPad AU版購入

| | Comments (0) | TrackBacks (0)
iPadのHK版が先週発売されたのですが,まだ品薄のようでしたので若干お高くなりますが
AU版を購入しました.FedExでの送料も無料でしたので違いは5,000円ほどですが.
WiFi + 3Gモデルを購入したので,iPhone 3GSで使用しているDoCoMoのSIMでも
問題ないかを試してみました.
SIMを挿入すると「モバイルデータ通信」が設定できるようになり,表示もiPhoneと同様に
「NTT....」と表示されるので,APNを設定すればそのまま使えそうですね.
b-mobileでも使用できるのでSBMの電波に問題がある場合にはこれも選択肢の一つになります.
技適マークの問題があるのでWiFiを使用した通信は使用していません.
こちらはAppleの対応を待つしかなさそうです.


iPad_Docomo.jpeg
iNbtstatリリースが本日リリースされました.
iNbtstatはWindowsにありますNBTSATATコマンドと同様の内容をiPhoneで実現するものです.
若干便利にしてあり,IPアドレスとビットマスクによる一括指定も可能になっております.
このような類のアプリは日本では売れないため,言語は英語のみとなっております.
115円ですので興味のある方はお試しあれ.

iNbtstatIcon_circle.png   AppStore(iTunesで開きます)
Bluetooth受信器をいくつか試してみました.
試してみたのは以下の3機種です.
Motorola EQ7
Motorola S705
JENSEN WBT210
EQ7は日本でも発売されているので,携帯(ガラケー)で再生したワンセグの音声も
受信することが可能なのですが,iPhoneとはいまいち相性が良くないですね.
WBT210は接続断の後に自動再接続されないので使い方は限定的になります.
S705はこの中ではiPhoneとは最も相性が良いですね,接続断のあとも再接続が
自動で行われるので,S705の電源がONのままであれば受信範囲外に出て
再度受信範囲に入ってきたときにそのまま接続してくれるので非常に使い勝手が
良いです.現在は車載用として使用しています.

BT.jpeg
右下がMotorola S705

大変ご無沙汰してしまいました.
最近若干忙しいため,twitterを中心にさせて頂いております(週に数回ですが...)
そして本題ですが,parM@ilerのレビューで,あからさまに同業他社と思われるレビューがあります.
(こっちも素人ではないのでそれ位分かります)
一つお伝えしておきます.
「そんなことをしても無駄です」
売れてるアプリなら効果もあるかと思いますが,日に1ユニット程度のものにそんなことをしても
全く影響はありません.ということは会社の経営にも全く影響がないと言うことです.
他のユーザ様からも「おかしいね」と感想を頂いております.
パルティーレ製のアプリをご購入頂いておりますユーザ様は良い人ばかりで
大変にうれしく思っております.
今後も対応可能な範囲で機能アップをしていくつもりですので,
ご意見を頂けるとありがたく思います.

以上,よろしくお願いします.

 parM@ilerバージョンアップ版(v1.3.2)が本日公開されました.
今回はparM@ilerで受信した絵文字イメージをeM@il Senderに送る事ができるようになりました.
(対象は20x20のイメージまで)
「どういったときに使うの?」と思われると思いますが.簡単に言うと以下の通りです.
(1)携帯メール(DoCoMoやau)からデコレーションが含まれた絵文字メールがGmail宛に届く
(2)そのメールをparM@ilerで受信
(3)parM@ilerでデコレーションが含まれた絵文字をeM@il Senderに送る
(4)eM@il Senderでそのデコレーションが含まれた絵文字をメール送信
と言うわけで携帯から送られてきたデコレーションが含まれた絵文字を再利用できちゃう
と言った感じです.

今回の使用方法をムービーにしましたので,参照下さい.
(編集操作をミスってますが...)
 eM@il Senderバージョンアップ版(v2.3.0)が本日公開されました. 
今回は複数の不具合修正とカスタム絵文字に対応しました. 
基本絵文字はSix Apart Ltd様でフリーに公開されているものを使用しました. 
次回のparM@ilerのバージョンアップでparM@ilerで受信した絵文字をeM@il Senderに
送る事ができるようになりますので,こちらも是非よろしくお願いします. 
(1イメージずつしか送れないのでかなり面倒ですが...)
現状でもフォトライブラリ経由での追加はできますが,いわゆるデコメのイメージを
フォトライブラリに追加した場合にはGIFのアニメーションでは無くなってしまうため,
ご注意下さい.
eM@il Senderのカスタム絵文字はは基本的にユーザ様にてカスタマイズして頂くのが前提に
なっておりますので,今後の基本絵文字追加の予定はございません.

今回の使用方法をムービーにしましたので,参照下さい.
(Macの環境であれば問題なく表示できると思います)